最大のデメリットは費用が高額になること

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。
最大のデメリットは費用が高額になることです。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも珍しくありません。
また、治療の失敗内容によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。障害が残るばかりか、死亡事故も実際に報告されています。
インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を希望することになる患者さんが多くを占めます。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントはより自然な噛み心地を得られるため噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。
他の歯科治療と同じように、インプラントにもある程度のリスクを伴う治療です。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題が起きる可能性もあります。リスクをできるだけ減らすためには歯科医はともかく慎重に決めてください。治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を避けられない理由です。
安くできるケースで十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることを覚悟した上で始めなければなりません。
インプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。しかし、それは正しくありません。
確かに、MRI検査では磁気を使うので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応しない性質を持っていてMRI検査への影響はありません。