インプラントの人工歯(上部構造)は、アバッ

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。
骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているものが1ピースタイプです。他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、他の治療法と同様、注意すべき点があります。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。
どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラントの利用が不可能と診断されることがあります。この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。使用年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。
毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口臭を人から指摘されるようになったという件が歯科医院ではよくきかれます。
これはなぜでしょうか。
一つには、義歯と歯茎の間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。
自分もそうかも、と思った方は、放っておかずに診察を受けてください。最近よく聞くようになったインプラント。差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。歯科治療の現場は日々進化を続けています。
最近は、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食事の際にグラグラと動いてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。
こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことが要因となっています。
インプラント手術の経験と実績のある歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。
インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の熟練の技が物を言うといわれています。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということです。いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。
とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局、治療してみるまで分からないということになります。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みの治まる気配がないときは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その義歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを必要とする、高レベルな作業なのです。もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、それだけ、セラミックの歯というものはインプラントの治療費は高くなるのです。
インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。
ずっと使い続けられるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、必ず守るようにしてください。歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。
治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。