差し歯は文字通り、歯に差し込むもの

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、埋め込む所がないので使えません。
それに対して、インプラントというのは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前はしなかった口臭がするようになったということも歯科医院ではよくきかれます。
これでは折角のインプラントが台無しです。
理由としては、インプラントと隣の歯の間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症していることも考えられるので、放置はできません。自分もそうかも、と思った方は、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その手術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。
インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが物を言うといわれています。
それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。
長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、安堵するのはまだ早いのです。せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、どうしても自分次第のところがあります。口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、必ず守るようにしてください。
歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。
また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。
インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。
他に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。
2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。