インプラントについて、簡単に

インプラントについて、簡単に説明すれば虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので残った歯と同じような使用感があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。どんな問題がインプラント治療にあるかを聞いたことがあると思います。
その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという話があったのではないでしょうか。それは気にしないでください。確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。インプラントには主にチタンが使われており、金属といっても磁気には反応せず、検査には問題ないのです。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、ある程度のリスクを伴う治療です。
治療が失敗すると、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体に生じた問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、一般的なケースではなく、ほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。
安くできるケースで十数万円、難しい治療を受けるケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることをくれぐれも忘れないでください。
重度の虫歯になってしまい、抜くしかなくなってしまいました。ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラントの方が良いと考えました。
費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。
手術が終わってから、だんだんと違和感なく噛むことができるようになりこれで良かったと実感しています。
一本のインプラント治療にかかる費用はトータルで30万円から40万円と考えてください。
地域によってかなり料金は異なります。
また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。
治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療経験者の口コミです。近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、クレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
人工歯としてのインプラントは噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。大きな効果を得られるインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。最大のデメリットは費用が高額になることです。
ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。そして、治療にミスや失敗があると起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。
ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になるというのが、多くの患者さんの実態です。
インプラントは入れ歯に比べ、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
保険が適用されればありがたいのですが、この人工歯治療は他の人工歯を使った治療に比べて時間も手間もかかるからです。
手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、トータルの治療費用は高額になってきます。
これを保険適用にしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。